● 買取査定に役立つ!宝石にまつわるトリビア

昔の彼氏からもらって眠らせていたダイヤモンドや、実家のタンスにしまわれたままの古い宝石は、
プロの鑑定士のいる業者に査定を依頼して、買い取ってもらうことができます。
宝石買取は、長年の経験と高度なノウハウが要求される特殊な業界ですが、
正しい査定は宝石そのものの価値と可能性を見出し、次に活かす新たな道を拓くものです。
ダイヤモンドをはじめ、ルビーやサファイヤ、エメラルドなど憧れのプレミアムジュエリーから、
アクアマリンやオパール、アメジストなどのカラーストーンたちは、
様々な成り立ちや魅惑的なストーリーに彩られています。
こうした宝石の世界を知ることは、よいものを見極める眼を養うだけでなく、
やがては宝飾品の文化そのものを豊かに育てることにつながります。
デザインが古くなっても、石だけになっても大丈夫。
永遠の命を持つ宝石の価値は、決して損なわれることはないのです。

ダイヤモンドをあしらった指輪はいろいろありますが、結婚指輪や婚約指輪として活用されることが多いものです。ソリティアというデザインのタイプは有名で、ひときわ存在感を放っています。

・・・つづきはこちら

古物営業法では、買取時に身分証明書が必要です。店頭買取では各種健康保険証やパスポート、運転免許証等から1つを準備します。記載された現住所に居住している事実確認が重視されます。

・・・つづきはこちら

ダイヤ以外のカラーストーンには判定基準が存在しないため査定が難しいと言われていましたが、近年は買取査定に積極的な業者も増えています。希少価値の分かるプロに査定を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

ほとんどのカラーストーンは加熱処理によって天然の宝石の持つ魅力をより一層引き立たせています。そんな中、非加熱のものはその希少さから宝石買取の現場では高値で取引されます。

・・・つづきはこちら

ダイヤモンドが本物かどうかを証明しているのが鑑別書で、4Cの評価の他に石のサイズ、インクルージョンの画図などが詳しく書かれているのがダイヤモンドの鑑定書となります。

・・・つづきはこちら

酸化アルミニウム鉱物のコランダムは、僅かに含まれる不純物の種類によってルビーやサファイアなどのカラーストーンになります。原石は同じコランダムでも、希少な色は高値で取引されます。

・・・つづきはこちら

貴石と半貴石の区別では、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドを4大貴石とする一方、水晶やトルコ石などの半貴石には明確な定義はないので、「美しさ」も査定ポイントの一つです。

・・・つづきはこちら

安価な鉱物や模造石を高額で売るために、ダイヤモンド等の名を組み合わせたおしゃれな名称をフォルス(偽)ネームと呼びます。名前に騙されないよう宝石の購入時は十分な注意が必要です。

・・・つづきはこちら

産出量が非常に少ないレアストーンは、その価値がダイヤモンドをしのぐ場合もあります。宝石買取でも希少性と美しさを兼ね備えたレアストーンはダイヤとは異なる価値と魅力を備えています。

・・・つづきはこちら

宝石を所持していると不要なアイテムも出てきます。宝石買取業者に売却する際に最も重要視されるのが、本物かどうかという点です。真贋鑑定は自分でもできるのでやってみましょう。

・・・つづきはこちら

宝石買取をしてもらうときにはあまり気にしないことですが、宝石には和名と石言葉が存在します。和名も石言葉も石の色や性質を表しているものが多く、和名の方が有名な宝石もあります。

・・・つづきはこちら

真珠の買い取り額を決めるのは、種類のほか、サイズ・色・巻き・照り・キズ・形の7項目です。すべてにおいて最高水準と認定された真珠は「花珠」と呼ばれ、宝石買取でも高値が期待できます。

・・・つづきはこちら

ダイヤモンドの4Cについて知ることは買取査定の依頼にも役立ちます。品質面の鑑定眼だけでなく国際相場にも精通した鑑定士なら、ダイヤモンドの真の価値を見出すことができます。

・・・つづきはこちら

デビアス社は、ダイヤモンド普及に貢献した会社で、ブランドは今も人気があります。しかし、宝石買取査定ではブランド名ではなく石の質そのものが評価対象となることは覚えておくべきでしょう。

・・・つづきはこちら

宝石買取を利用したいと考えてもデザインが古いのでいい値段がつかないと思って二の足を踏んでいませんか?宝石買取で重要なのは宝石や貴金属自体の価値なので、古いデザインのものでも大丈夫です。

・・・つづきはこちら

「CZダイヤモンド」として流通している模造ダイヤのキュービックジルコニアは、天然ダイヤに比べて桁違いに安価なので宝石買取の対象外です。ダイヤの買取査定は専門店に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

色味のあるファンシーカラーダイヤモンドは特別な存在感と個性が魅力です。グレードの高いものは普通のダイヤをしのぐ高値で取引されます。宝石買取では専門家による正しい査定が大切です。

・・・つづきはこちら

ロマンティックなピンクダイヤモンドは希少ゆえ価格も高いものですが、そんな希少価値も魅力です。色の原理は今も未解明ですが、有名な「ピンク・スター」は宝石史上最高額を記録しました。

・・・つづきはこちら

モアッサナイトは、ダイヤモンドと見た目が非常に似ていて、輝きや硬さも近いです。ダイヤモンドに比べてモアッサナイトは人工的に作ることができるため、低価格で手に入れることが可能です。

・・・つづきはこちら

冠婚葬祭で身につけられることが多いパールのネックレスは、ジュエリーの中で定番の一つです。シーンを選ばないパールのネックレスは、年齢を問わず様々な人から支持されています。

・・・つづきはこちら

レッドベリルは、色鮮やかな赤色をしている宝石です。あまりに出回っている数が少なく、希少なレッドベリルは求める人が多いです。宝石買取の際も、高額での買取を期待できるでしょう。

・・・つづきはこちら

カラーストーンとも呼ばれる色石は、誕生石として有名なものだけでなく様々な種類があります。色石を買取に出す場合、それぞれの判断基準があるため難しいものとなっています。

・・・つづきはこちら

その希少さから「幻の宝石」とも呼ばれるパライバトルマリンは、宝石には珍しい、その美しいネオンブルーと透明度が特徴です。パライバトルマリンの買取も高額買取が期待できるでしょう。

・・・つづきはこちら

ガーネットは1月の誕生石として有名な宝石です。ガーネットは種類が多く、中には希少性が高いものがあります。デマントイド・ガーネットは高い価値があるため、高額買取が期待できます。

・・・つづきはこちら

11月の誕生石として有名なシトリンの色の起源は、天然と、アメジストを熱処理加工したものがあります。熱処理加工されていても偽物ではありませんが、色の起源が天然の物の方が価値は高いです。

・・・つづきはこちら

ヒスイは一般的には緑色が有名ですが、緑色でも青みや赤みが強いものもあり、ピンク色や紫色、白色、黒色もあります。しかし特に価値があるのは「琅かん」と呼ばれる緑色のヒスイです。

・・・つづきはこちら